ハイパー・スレッディング・テクノロジに対応

『Trusシリーズ』ネットワーク高速処理モデル新発売。
~高速ネットワーク環境を更に強化するラックマウントサーバ製品をリリース~
 

 平成15年10月06日、ぷらっとホーム株式会社(〒101-0021 東京都千代田区外神田2-4-6 代表取締役社長 鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、ラックマウント型PCサーバの主力製品である『TrusP4-1U/GCS』の『SCSIモデル』を発表致します。

  ぷらっとホームの『Trus シリーズ』は、弊社で長年培われてきた技術と最新のテクノロジを導入し、『Solaris』や『Windows』等の商用OSの対応はもとより、『FreeBSD』や『Red Hat』等オープンソースのPC-UNIX系OSを幅広くサポートし、エッジサーバ及び基幹系、業務系のサーバ、HPCユニットサーバとしてご好評を頂いております。

『TrusP4-1U/GCS SCSIモデル』はぷらっとホーム独自のオープンソースOSに対するノウハウとIntel(R)最新テクノロジの融合による低価格のラックマウントタイプ1Uサーバです。プロセッサには、高性能なIntel(R) Pentium(R) 4 2.4GHz プロセッサを搭載し、さらにハイパー・スレッディング・テクノロジ対応Intel(R) Pentium(R)4 3.06GHz プロセッサまで選択可能です。
さらに2本のPCI-X 対応拡張スロットを搭載し、柔軟なハードウェア構成を実現いたします。また、ハードディスクには高性能・高信頼の Ultra 320 SCSI HDD を採用し、1Uのコンパクトな筐体ながら3台のハードディスクを搭載可能です。

 さらにギガビット・イーサネット・ポートを2個搭載する事により、高いパフォーマンスを提供するCPUに見合ったI/Oパフォーマンスを実現し、高速ネットワーク環境において最適な ハードウェアスペックを発揮いたします。また、ぷらっとホーム独自のノウハウにより、『Windows』シリーズ はもとより『Linux』など数多くのPC-UNIX系OSに対応致します。

■ 『TrusP4-1U/GCS SCSIモデル』概要

・プロセッサ
高性能プロセッサ『Intel(R) Pentium(R) 4 2.4GHz』を標準で搭載し、さらにオプションとしてハイパー・スレッディング・テクノロジ対応『Intel(R) Pentium(R) 4 3.06GHz』に対応します。特にハイパー・スレッディング・ テクノロジ対応『Intel(R) Pentium(R)4 3.06GHz』搭載時にはマルチタスク処理などで絶大な性能を 発揮し、特に高負荷のかかるサーバとして最適です。

I/O
高速バスである 64bit/100MHz PCI-X バスを採用しており、さらに拡張スロットにも64bit/100MHz 対応スロットを2本搭載しています。ネットワークコントローラには『Broadcom(R) 5702』チップを採用。ギガビット・イーサネット・ポートを2ポート標準装備する事で、サーバに要求される高いネットワーク性能を実現します。

メモリ
DDR266対応 Registered DDR メモリを採用し、高速なメモリアクセスを実現。標準256MB搭載、最大では3GBまでの搭載が可能です。またECC機能をサポートすることで、万一のメモリエラーにも対応し、システムの信頼性を向上させます。

HDD
Ultra320 SCSI 36GB HDD 1台を標準搭載。 さらに オプションで146GB HDDを最大 3台まで構成可能です。また前面からのHDD挿抜をサポートし、RAIDオプション使用すれば、システムを停止させることなくHDDの交換が可能です。システムのダウンタイムを最小限に押えることが出来ます。

OS互換性
『Windows 2000』、『Red Hat Linux』 での動作をサポートしております。他のOSについても随時検証を行い、さらに古いディストリビューションパッケージから新しいディストリビューションパッケージまで含めて、ぷらっとホームがお客様のご要望をサポート致します。

 
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)