会社概要

商品を選ぶときお客様は何を重視されますか?価格でしょうか?
確かにそれも大切なポイントです。
しかし見かけの価格がいくら安くとも、すぐ故障したり、アフターケアに問題がある ような商品では、結局のところお客様のコストは高いものについてしまいます。

ぷらっとホームは常にお客様の視点でものを考えます。お客様にとって本当に良いものは何か。本当に必要なものは?この商品はお客様に価値があるのか?ぷらっとホームは常にお客様にとっての価値を追求しています。

1993年創立時のことです。VL-Busのマザーボードが突然流行り出しました。高速 の動作を実現する新しい方式のマザーボードです。当社で輸入していた海外メーカーの製品が市場に受け入れられたのです。当然各社こぞって輸入し、価格競争になりました。多くの会社が市場に参入し、薄利多売合戦が始まりました。

そんな中、当社は全品検査にこだわりました。当時の海外製品はかなりの比率で故障品があり、品質にかなりのばらつきがあったのです。本当にお客様が望むことはなにか?お客様はちゃんと動くマザーボードがほしいのです。自分のお金を払う以上、ちゃんと動くものが手に入って当たり前だ。スタッフ総出で深夜ぶっ通しでマザーボードに実際にテストベンチにかけ、すべての商品の動作確認をして、翌日の販売に備えました。

「お客様に安心して買い物をしていただきたい。」信頼の地道な積み重ねと、それによって生まれるお客様との信頼感。

「信頼と実績のぷらっとホーム」、当社の信念です。

ぷらっとホームはお客様との対話を大事にします。お客様が本当に望む商品。それこそが大きな時代の流れを作り出すことを知っているからです。

1993年一人のお客さんがぷらっとホームを訪れました。当時一般的でなかった海外製のCDを輸入してほしいというのです。シングルタスクのOSに飽き足らなかったお客様が探し出したもの、それがLinuxでした。試してみたら確かにいい。ソースコードが入手でき、UNIX環境がデスクトップに実装できる!以来ぷらっとホームはオープンソースUNIX環境を支援しつづけています。FreeBSD、NetBSD、Linux。インターネットの普及とともにいずれも現在ではこうしたPC-UNIXは、大きなトレンドとなりつつあります。

ぷらっとホームは常に本物を志向します。その時の環境がどうであれ、いいものはいい、悪いものはわるい。本物は必ず広く受け入れられ、それは市場を形成していきます。

「市場を作るぷらっとホーム」。 当社は常に市場のブームの中心にいます。

ユア、ベストパートナー。創業時代よりの合い言葉です。お客様が本当に望むものなら、それが世界のどこにあろうが、必要なものはどこからでも調達します。米国、ヨーロッパ、台湾、アジア、インド。ぷらっとホームの守備範囲は地球規模で広がってます。

もし、お客様の望むものがどこにもなかったら??ぷらっとホームは作ります。ぷらっとホームの数々のオリジナルプロダクトはこうして生まれました。Video Switch Boxやキーボード等のヒット商品もはこうして作られました。なければ作る!シンプルですが大変なことです。でもそれで多数のお客様がそれを望むなら当社は本当にやります。

1995年、インターネットの黎明期です。あるお客様がUnixを実装したPCサーバがほしいと言い出しました。UNIXが動くPCサーバ。もちろん24時間365日稼動するもの。インターネットを中継するプロバイダーサービスの心臓部のために使用するのです。そんなもの当時は商用の製品としてはありません。でも、必死で検討した結果、できることが分かりました。安定したPC-UNIXを実装する技術。ぷらっとホームのPCサーバは現在、国内のIX拠点を始め、多数のプロバイダー様や一般企業様、大学、官公庁様にご使用頂いております。PCサーバはすでに総出荷台数は20,000台を超えました。この分野では最大手となっております。

「Your Best Partner!!」。困ったことがあったらぷらっとホームに相談してください。うちならきっと何とかなると思います。